WR250が生産終了になりました。

2017年に施行される新排気ガス規制 (平成28年)の影響は、バイク業界を大きく揺るがすものとなりました。
ホンダのモンキー、ヤマハのV-MAX、カワサキのエストレヤなど他にも各メーカーにとって、長年愛されてきた名車たちの歴史に幕が降りようとしています。
そんななか、ヤマハのWR250R / WR250Xにも生産終了が正式に発表されました。
WR250R / WR250Xとは、なかなか長い付き合いをしてきていました。 “WR250が生産終了になりました。” の続きを読む

かれこれ10年の付き合いになりました ビーウィズ100

ビーウィズ100とは10年の付き合い

オートバイ屋さんでメカニックで働いている時代に、社長から通勤用としてbws100を無償でいただいたことがきっかけです。

出会った当初は、エンジンが焼きつきを起こした状態だったため、純正パーツを取り寄せ、修理をして乗り始めました。

気づけば、発売されて20年が経とうとする長老オートバイになっていました。

ビーウィズ100が1998年に台湾山葉機工業から発売されて、20年。
このオートバイを所有してから10年が経ちます。

たくさんいじって、壊れて、壊してきました・・・
未だに、いろんな実験を身を持って付き合ってくれております。

スクーターなのに、オフロードスタイルなところは現代のズーマーと通じるところがありますが、当初は物珍しいモデルだったようです。

DIOのBAJAが本田から出てましたが、足回りがキャシャでした・・・

エンジンはグランドアクシスとほぼ共通

グランドアクシスとエンジンは、ほぼ共通です。
そんあこともあり、エンジンパーツに関しては未だに部品供給されています。
まだまだ長く乗りたい僕には、ありがたい限りでございます。

KN企画という素晴らしいショップ

スクーターをメインに、内燃機から駆動系・外装や電装系のパーツを製造・販売するショップで、
「もうさすがにこの部品は無くなったよなぁ・・・」
なんて部品も手に入る、僕にとっては神様のようなショップです。

スクーターに乗っている方なら、頼れるショップです
KN企画

ビーウィズ100の走行距離は、9万キロを迎えようとしています

通勤からツーリングまで、僕の体を色んなところへ運んでくれるビーウィズ。
これからも直しながら大切に乗りたいと思います。

 



スクランブラー バイクはカッコいい

街乗りがメイン、時にはツーリングや林道も行けるようなバイク

そんなバイクが素敵です。

SRをベースとしたスクランブラーなカスタム、カッコいいです。
個人的には、ブラットスタイルが製作したカスタムが大好きです。

オートバイが自分の相棒となると、オートバイが持つ綺麗さを保ちたいものですが、林道やフラットダートに入れば、傷や腐食は免れません。

もちろん、メンテナンスをしっかりした上で残る傷や腐食が味になるところが、スクランブラーの良いところだったりします。

気兼ねなく、土をかき分けて走る、そんなスタイルが素敵です。

僕がスクランブラーに恋をしてるせいか、国内・海外メーカからスクランブラーな車輌が続々とリリースされているのが目につきます。

DUCATI スクランブラー

ドゥカティの中では中排気量となる800ccのL型エンジンを搭載。

車輌重量207kgと相まって、軽快に走ってくれそうなオートバイですね。

林道やガレ場は厳しいかもしれないですが、フラットダートからロングツーリングまでこなしてくれそうです。

 

なにより、ノーマルでこの型を出してくるドゥカティは素敵です。

何より、オートバイに興味のない方にも、スタイルで興味をそそるようなデザインが魅力的です。

 

JOINTS 2017 カスタムビルダーの祭典

4月23日 JOINTS というイベントがカッコいい

カスタムビルダーと呼ばれる、メカニックの域を超えた一つ一つのバイクメーカが集まるような祭典がポートメッセ名古屋で開かれるそうです。

 

カスタムされたオートバイは、ハーレーから国産問わず様々な車輌が集まり、ノーマルの原型が想像できないほどカスタムされたオートバイは必見なのです。

カスタムビルダーの方々は、それぞれのアイデンティティをオートバイにぶつけ、仕事への情熱は表情にもわかるほどだ。

オートバイが売れない、若者が離れていると言われている昨今、言い訳を作らず自分のやりたいことに邁進するビルダーを見れる大きなイベントに違いない。

 

 

 

 

 

 

今だからこそ、スクランブラーというカタチ SCR950

SCR950というスクランブラーなカタチ

4月5日にヤマハ発動機から発表された、BOLTをベースとした車輌がすごくカッコいい。大型バイクとなると、どうしても乗る時には気の貼った格好で乗車し、街乗りには不向きのイメージがあります。

しかし、このスタイルだったらストリートスタイルから、ツーリングまでこなせる。

その気になればフラットな林道くらいならば、楽しめそうだ。

 

カスタムによる伸び代は無限大

ブラットスタイルがカスタムしたSCR950が、めっぽうカッコいいです。なにせ、この動画がたまりません。

タンクやヘッドライトをコンパクトにして、アップマフラーを装着し、ブロックタイヤを履かせる・・・

時間をかけて、こういうカスタムにチャレンジするのもいいです!

ヤマハ発動機 SCR950