ライターとして自分を表現するということ

アイデンティティが爆発する瞬間

音楽家や写真家、イラストレーターや農業家、小説家。

幸いにも、自分の周りには仕事で自分を表現することを生業にしている人がいます。

暗いトンネルをいくつも抜けて、高い山をいくつも乗り越え、自分の作品として世に発表する。

それは、ライブにせよ本にせよ、絵や商品にせよ自分のアイデンティティが詰め込まれ、爆発されていることに敬意を表し、羨ましいとさえ思っています。

Durb / Pixabay

与えられた仕事と自分で作り出した仕事の違い

僕は、これまで色んな職種を経験してきました。
それぞれの仕事には、自分なりのこだわりと誇りを持って接してきました。

与えられた仕事でも、自分の考えを少しでも反映し、全力を尽くしてきました。
しかし、その中で何かを達成しても満足感を得ることはできませんでした。

このスタイルを否定するつもりはありません。
仕事を教えてくれた先輩方もこのスタイルで生活を成立させてきたのですから。

何の取り柄もなく、コネなどもない僕が、oを1にすることができるのか。
何とかして、自分の力で仕事を作り出したいと考えるようになりました。

oadtz / Pixabay

僕は本を読むことが大好きで、写真を撮ったり日記を書くことが好きでした。

とても根暗な僕は、自己啓発本をはじめ、漫画などたくさん本を読むことが好きでした。

偉大な人や尊敬する人の考えに、簡単に触れる貴重な機会だったからです。
同じ本を何回も読み返すたびに、理解が深まり、借り物の知識や考え方を得ることが大好きでした。

本を読むこととは別に、自分が感じたことを1日ずつ日記に記すことを日課にしていました。

これらは、web上で公開するようなものではなく、1日の自分の考えをまとめる機会を作るためのものでした。

JamesDeMers / Pixabay

矢面に立つことから逃げずに行こうかと

これまで、人までにアウトプットすることを嫌ってきました。
正確には、恐れていました。
評価の矢面に立てば、批判を浴びることがあるからです。

僕が尊敬してやまない、アイデンティティを爆発させてる人たちは、批判をエネルギーに変換し、自分を表現し続けています。

いつか、同じ土俵に立ってそういう人たちと話をしてみたいです。

「文章を書く、写真を撮る、話を聞き取る、現場で本質を知る」

これらを大切にして、自分を表現していきたいと思います。

これまでの経験、これからの行動がどのように点と点が繋がるのか。

楽しみです(^ ^)

 



IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

ここの王将が美味しい!!チャーハンブログ

大事なお話をしますが、僕はチャーハンが大好きなんです。

チャーハン、それはお米を野菜や肉を油で炒めた飯・・・
ただ、ただそれだけのことなのに、なぜ僕はここまでチャーハンが好きなのか。

黄金色に輝くチャーハン。
一度、パラパラな熱々のご飯を口に運んだ瞬間、
ごま油の香りが
プーーーーーーーーーーーーーーーーーーンと口いっぱいに広がり、
一口、一口、そのチャーハンに恋をしてしまうのです。

・・・少し脱線しましたが、当然、僕だけではなく、
もはや中国の方々より国民食気取れてるんじゃないか!
というレベルまで、日本のチャーハンは愛されております。

ファミリーレストランは、店舗ごとに味の誤差を出さない

Alexas_Fotos / Pixabay

サイゼリアやジョナサン、ガストなどのファミリーレストランでは、店舗によって雰囲気の違いはありますが、味の違いはさほど変わりません。

料理に関しては、野菜や肉など材料を使って一から料理することが少ないからかもしれません。

店舗によって味の誤差を出さず、素早く提供できることがファミリーレストランの強みだと思います。

王将は店舗ごとによって、味や店舗の雰囲気が違う

王将は、ファミリーレストランと違い、食材を使って、すべての品目を手作りで料理します。
そのため、店舗ごとに味の違いが出ますし、同じ店舗でも料理人によって味が違ってきます。

ここが大事なところです。。。
王将は店舗ごとによって、味が違う。。。

ということは、王将フリークの僕にとって、店舗を回る良いきっかけとなります!

僕がこれまでに、回ってきた王将の店舗数は70店舗を越える数になりました。

一度、王将の店舗に入れば、自宅レベルで落ち着いたメンタルで過ごすことができます。

その中でも、ナンバーワンの王将をここでご紹介したいと思います。

これは苦渋の決断でもありました。

このブログがきっかけとなり、さらなる繁盛店となってしまったら、
「男の隠れ家」ではなくなってしまう・・・・
と、思いましたがブログ自体が人気がないため、決断いたしました!!

ナンバーワンの王将、それは・・・

王将 蕨駅東口店でございます!

(場所の詳細は、ページ下記を参照ください)

1、店舗で働いている店員さんが楽しそうに働いている

僕が行った時は、みんな仲が良さそうで、働いている姿が楽しそうなんです。

仕事で凹んだり、嫌なことがあった状態で行って、こんな接客をしてもらったらポジティブにチャーハンを頂けるもんです!

2、料理人が作っている姿をLIVE感たっぷりで見ることができる

 

おすすめしたい席が、料理人が料理をする姿を見ることができる、カウンター席です。

料理人の躍動感とスピード、それはまるで、ダンスをリズミカルに踊るかのような料理なのです。

繁盛店だけあって、常に席は満席。
飛び交うオーダー。

それらをそつなく、楽しそうに調理しちゃうんです。

生でプロフェッショナルの仕事を見るチャンスでもありますし、仕事への姿勢も学ぶべきものがあります。

3、肝心の味は天下一品でございます!!

LIVE感たっぷりで現れたチャーハンは、見事に黄金色に輝き、パラパラと熱々の美味しいチャーハンでございます。

これだけのクオリティーを保ちながら、値段ですが・・・

450円なんです・・・

中華街で食べた、1000円近くするチャーハンより1億倍美味しいのに、この値段!!

そこまで、謙虚なんですか!!

あなたの器、海ですか!!!

いや、ブラックホールそのものですね!!!!

 

・・・・取り乱しました。

是非一度、ご賞味いただければと思います!

 

店舗情報

餃子の王将 蕨駅東口店
住所:〒335-0002  蕨市塚越1-3-2
電話番号:048-444-0331
営業時間:月~木/11:30~23:30(ラストオーダー23:00)
金、土/11:30~深夜0:30(ラストオーダー0:00)
日/11:30~22:30(ラストオーダー22:00)
駐車場はございません。





西坂将作という音楽家

カッコいい音楽はジャンルの壁を越える

僕は音楽が大好きで、たくさんの音楽を聴きます。
忌野清志郎やブルーハーツ、ローリングストーンズやボブディラン。

ロックやパンクと呼ばれるジャンルから、ファンクやジャズ、ヒップホップまでカッコいい音楽はたくさん聴きます。

音楽のジャンルというのは、音楽の発信者が決めたり、リスナーがこれっぽいと決めたりするんだと思います。

はじめて聴いたこの音楽は、ジャンルや馴れ合いを超越した

知り合いが音楽をやっていれば、付き合いでライブを見に行く機会があったかもしれないけど、そういった馴れ合いは彼の音楽には必要なかった。

彼の音楽のジャンルをあえて決めるならば、フリースタイルと言いたいです。
彼がこれまでインプットしてきた音楽を「西坂将作」というスピーカーを通してアウトプットされる音楽は、危機迫るものを感じる。

アコースティックギターやブルースハーブを使ったり、時にはラップで西坂将作のアイデンティティを表現している。

最近では、STOCKMANというバンドとコラボレーションという形でライブも行っている。

ただのリスナーである僕には,音楽の技術的な話はわからない。

そこにアイデンティティはリスナーとしては感じないからだ。

STOCKMANは、体全体で音楽を表現し、リスナーに楽しみ方までも提示してくれるようなライブをしていた。
僕にとってSTOCMANとは、音楽の楽しみ方・ライブの見方を変えてくれたバンドです。

これから、この二つのアイデンティティがぶつかり合いどんなパフォーマンス・音源でリスナーを巻き込んでくれるのか、楽しみです。

西坂将作ホームページ

STOCKMANホームページ

 

 



かれこれ10年の付き合いになりました ビーウィズ100

ビーウィズ100とは10年の付き合い

オートバイ屋さんでメカニックで働いている時代に、社長から通勤用としてbws100を無償でいただいたことがきっかけです。

出会った当初は、エンジンが焼きつきを起こした状態だったため、純正パーツを取り寄せ、修理をして乗り始めました。

気づけば、発売されて20年が経とうとする長老オートバイになっていました。

ビーウィズ100が1998年に台湾山葉機工業から発売されて、20年。
このオートバイを所有してから10年が経ちます。

たくさんいじって、壊れて、壊してきました・・・
未だに、いろんな実験を身を持って付き合ってくれております。

スクーターなのに、オフロードスタイルなところは現代のズーマーと通じるところがありますが、当初は物珍しいモデルだったようです。

DIOのBAJAが本田から出てましたが、足回りがキャシャでした・・・

エンジンはグランドアクシスとほぼ共通

グランドアクシスとエンジンは、ほぼ共通です。
そんあこともあり、エンジンパーツに関しては未だに部品供給されています。
まだまだ長く乗りたい僕には、ありがたい限りでございます。

KN企画という素晴らしいショップ

スクーターをメインに、内燃機から駆動系・外装や電装系のパーツを製造・販売するショップで、
「もうさすがにこの部品は無くなったよなぁ・・・」
なんて部品も手に入る、僕にとっては神様のようなショップです。

スクーターに乗っている方なら、頼れるショップです
KN企画

ビーウィズ100の走行距離は、9万キロを迎えようとしています

通勤からツーリングまで、僕の体を色んなところへ運んでくれるビーウィズ。
これからも直しながら大切に乗りたいと思います。

 



スクランブラー バイクはカッコいい

街乗りがメイン、時にはツーリングや林道も行けるようなバイク

そんなバイクが素敵です。

SRをベースとしたスクランブラーなカスタム、カッコいいです。
個人的には、ブラットスタイルが製作したカスタムが大好きです。

オートバイが自分の相棒となると、オートバイが持つ綺麗さを保ちたいものですが、林道やフラットダートに入れば、傷や腐食は免れません。

もちろん、メンテナンスをしっかりした上で残る傷や腐食が味になるところが、スクランブラーの良いところだったりします。

気兼ねなく、土をかき分けて走る、そんなスタイルが素敵です。

僕がスクランブラーに恋をしてるせいか、国内・海外メーカからスクランブラーな車輌が続々とリリースされているのが目につきます。

DUCATI スクランブラー

ドゥカティの中では中排気量となる800ccのL型エンジンを搭載。

車輌重量207kgと相まって、軽快に走ってくれそうなオートバイですね。

林道やガレ場は厳しいかもしれないですが、フラットダートからロングツーリングまでこなしてくれそうです。

 

なにより、ノーマルでこの型を出してくるドゥカティは素敵です。

何より、オートバイに興味のない方にも、スタイルで興味をそそるようなデザインが魅力的です。